イメージ画像

老健での看護師

今まで常勤の看護師として働いてきた人が、いきなり老人健康施設に
転職すると、今までと勝手が違うので大変に感じるかもしれませんが、
老人健康施設で今まで培ってきた看護師の経験を役立てたいと思って
いる方ならば、仕事に慣れるのも案外早いかもしれません。

現在の看護師不足は総合病院や個人病院に留まらず、老人健康施設に
おいても同じように看護師不足という現状があります。

ですから、老人健康施設では看護師はとても重宝されています。

老人健康施設での看護師の業務内容は、服薬の管理、点眼、点滴、
軟膏の塗布、痰の吸引、心電図や吸入、ショートステイの入所事務
手続きや基本情報の作成、退所の手続き、他にも食事や排泄の介助も
あります。

看護師一人で複数の高齢者を担当することもあるかもしれません。
職場によっては、入浴介助やシーツ交換をすることもあります。

このように、看護師の仕事以外にも介護系の仕事を含む老人健康施設
での仕事は、正職員の看護師として勤務する場合、かなり体力的に
ハードな仕事になります。その上に、重要な仕事を優先して行う才覚も
求められます。

また、お年寄りは状態が常に変化するので、細心の注意を払って
看護しないといけません。

勤務して自分に向いていないと感じることもあるかもしれませんが、
高齢化社会が進む中、老人健康施設に看護師が必要になってくるのは
十分予測されるので、安易に転職を考えずに将来を見据えて
老人健康施設での看護経験を積んでおくのも大切なことではないでしょうか。

お給料は勤務先によって違いがあり、相場は月額20万円くらいですが、
月額25〜30万円くらいのところもあります。

また、老人健康施設によっては、日勤のみのところと、夜勤がある
ところがありますので、転職する際には、自分のライフスタイルに
合わせた勤務形態の職場を選択するといいでしょう。

高齢化社会ということもあって、求人は比較的多いので、
自分の希望条件を優先して探せるというメリットはあるでしょう。

このページの先頭へ