イメージ画像

看護師が不足しているのはなぜ?

今は高齢化社会となっている日本。
医療を必要としている人も高齢化社会が進むにつれてますます
増えていきます。

そこで問題となっているのが、看護師や医師など、医療現場で働く
人材が不足しているという事。全国的にみても、7割程度の病院で
人材が足りていないという現状があります。
2011年の段階では、おおよそ55000人程度の看護師が足りていないのです。

これは、看護師は圧倒的に退職者数が多いという点もかなり大きく
関わってきています。1年の間に新たに看護師として就職する人数よりも、
退職をする人数のほうが上回っているのです。
当然、そのペースでは看護師不足になっていきます。

では、なぜ看護師は退職率が高いのでしょうか。
看護師は最近の医療が高度になってきたり、ベッドの稼働率を上げて
いく病院が増えたりするために、仕事内容が今までよりも忙しくなって
いるのが原因だといわれています。

忙しさや高度医療の難しさについていけないという看護師が多く、
資格を取って看護師として就職してもやめてしまう人は多いのです。
これがどんどんと悪循環になっていきます。

やめる人が増え、病院の看護師が不足してさらに忙しくなる、
忙しすぎてやめてしまう・・といった流れで、より一層深刻な看護師不足
へとつながってしまいます。

看護師の資格を取り、出産などで看護職からいったん離れて、
再就職をするにしても医療の高度化でためらってしまうという人も
多くなっているようです。

日々進化している医療の技術ですから、少し看護職を離れただけでも
変わってしまう業務内容にはついていけないと考えて、ためらって
しまうのですね。

看護師不足であることから、看護師の仕事は想像以上に大変である
という事がご理解いただけたと思います。

看護師になれば就職もそれほど困らず、人材を欲しがっている病院は
多いのですが、仕事が忙しすぎて退職、なんて事にならないように、
自分が理想とする職場を探していかなくてはなりませんね。

このページの先頭へ