イメージ画像

看護師のお給料はどれぐらい?

何をきっかけに看護師になろうと思ったのかは人によりますが、
働く以上、どれぐらいのお給料がもらえるのかは気になりますよね。
看護師一言でいっても、様々な職場があります。どのような職場で
働くかにもよって変わってくるものです。

しかし、一般的いえるのは、サラリーマンやOLなどと比べてみると、
初任給では高めのお給料となっています。
ただ、お給料が高いというのは理由もそれなりにあります。

まず夜勤があるという事。深夜手当などもつきますし、肉体的にも
夜勤があると辛いですよね。

生活のリズムも一般の人と同じではなく、乱れやすくなります。
慣れてしまうと夜勤も平気なのでしょうが、それでも夜勤のない
仕事が多い中で看護師は大変です。
また、土日休みという決まった休みはありません。

このような勤務形態を見てみると、看護師のお給料がサラリーマン
やOLよりも高いのは当然といえるでしょう。

それでも実際に働いている看護師はお給料が仕事の量と見合って
いないと考えている人が多く、もっと貰ってもいいような仕事を
しているという現実です。

具体的な初任給の数字としては、平均25万円前後です。
夜勤の手当は、4500円ほどが平均となっています。これが高いのか
安いのかは、実際に働いている人でなければわかりませんが、
やはりもう少し貰ってもいいと思っている看護師が多いようです。

さまざまな職場の中で優遇されているのが国立病院だといわれて
います。福利厚生もしっかりと整えられています。
そしてもうひとつ、出身の学校によっても変わってきます。

看護大学を卒業している人は、短大や看護の専門学校を卒業して
いる人よりも高くなっている場合が多く、大きい病院ほどその差は
開いています。

ここまでは初任給についてのお給料についてでしたが、何年も
勤めていくとどうなるでしょう。看護師は看護師長などへ昇格して
いきますので、そうなると貰える額も増えます。

しかし、昇格していかない場合には、いつの間にかサラリーマンや
OLに抜かされる、なんて事も起こります。

看護師だからといってお給料が高いわけではなく、働いていくうち
に他の職種ともそれほど変わらない額にもなってきます。
そう考えてみると、決して高い額を貰っているというわけではないのです。

このページの先頭へ